logo

アップル、キーボードのキー表面やトラックパッドに補助ディスプレイ--特許取得

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、PC用キーボードに設けられているトラックパッドを補助ディスプレイ化して活用する技術を考案した。そして、この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間3月10日に「AUXILIARY TEXT DISPLAY INTEGRATED INTO A KEYBOARD DEVICE」(特許番号「US 10,585,494 B1」)として登録された。出願日は2016年8月9日。

登録されたAppleの特許(出典:USPTO)
登録されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、ノートPCやデスクトップPCにおいて、キーボードのトラックパッドに表示デバイスを組み込んで補助ディスプレイとして使う技術を説明したもの。さらに、補助ディスプレイはトラックパッドだけでなく、キー表面にも組み込めるとしている。

ノートPCやデスクトップPCのキーボードが対象(出典:USPTO)
ノートPCやデスクトップPCのキーボードが対象(出典:USPTO)

 補助ディスプレイには、メインディスプレイに表示している情報と関連するテキストや画像を表示する。そして、タッチセンサーや感圧センサーで感知した補助ディスプレイに対する操作を、PCに反映させるのだ。

テキストや画像などを表示(出典:USPTO)
テキストや画像などを表示(出典:USPTO)

 こう制御することで、さまざまな操作を手元で済ませることが可能になる。たとえば、補助ディスプレイに文字入力の選択肢を表示したり、カットやコピー、ペースト操作のボタンを表示したり、ウィンドウ選択のGUIを表示したり、といった応用が考えられる。

さまざまな操作を支援(出典:USPTO)
さまざまな操作を支援(出典:USPTO)

 また、振動などによる触覚フィードバック機能を補助ディスプレイへ付与するアイデアの説明もある。

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]