秘密共有アプリ「Whisper」、ユーザーの情報が一時ウェブに露出との報道

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2020年03月11日 11時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 匿名で告白や秘密を投稿できる人気のソーシャルアプリ「Whisper」が、データベースをオンラインで閲覧可能な状態にしていたと報じられている。データベースにあるメッセージのデータはユーザーの年齢や位置などの情報とひもづいていたという。The Washington Postが米国時間3月10日に報じたところによると、インターネットからアクセスできるデータベースで、数多くのメッセージの記録が誰でも閲覧できるようになっていたという。

Whisper
提供:Jennifer Van Grove/CNET

 The Washington Postによると、データベースに実名は含まれていないが、「ユーザーが自称する年齢、民族、性別、居住地、ニックネーム、属するグループなどの情報があり、多くは性に関する告白や性的な指向や欲求を話題にしている」という。データには、ユーザーが最後に「ささやいた」場所の位置座標も含まれていたとされる。

 The Washington Postによると、独立研究者がデータベースを発見した。研究者らが3月9日にデータが露出していることをWhisperに警告した後、データへのアクセスは遮断された。研究者らは、連邦政府の法執行当局者にも警告したという。

 Whisperにコメントを求めたが、回答は得られていない。同社の担当者はThe Washington Postに対し、データの多くはアプリ内から閲覧されることを想定して公開されているが、データベースは「直接検索されるように設計されたものではない」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]