グッドイヤー、すり減った溝が自己修復するタイヤ--路面に合わせてコンパウンド選択も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイヤメーカーのGoodyearは、新世代タイヤのコンセプトデザインとして、すり減ったトレッドの溝(グルーブ)を自動的に修復するタイヤ「Goodyear reCharge」を発表した。

グルーブが自動復活するタイヤ(出典:Goodyear)
グルーブが自動復活するタイヤ(出典:Goodyear)

 reChargeは、ホイール中央に装着するカプセルから生分解性のある材質(コンパウンド)をトレッドへ供給することで、グルーブを復活させてトレッドパターンを自己修復できる。これにより、溝の浅くなったタイヤを交換する作業が発生しなくなる。

中央のカプセルからコンパウンドを供給(出典:Goodyear)
中央のカプセルからコンパウンドを供給(出典:Goodyear)

 このreChargeのトレッドを保持する部分は、現行タイヤのような空気圧で支える必要がない。そのため、軽量化が可能で、偏平率を高くできる。そして、空気圧を管理する手間がかからないうえパンクの心配がない、メンテナンス性に優れたホイールが実現可能という。

 さらに、走行条件に応じてコンパウンドを変えることも可能で、季節や路面状況などに最適なコンパウンドを選べるようになる。たとえば、冬に備えて雪道用スタッドレスタイヤへ交換するのではなく、あらかじめ低温用コンパウンドカプセルを装着しておく、といった対応も考えられる。

季節や路面状況に合わせてコンパウンドを選択(出典:Goodyear)
季節や路面状況に合わせてコンパウンドを選択(出典:Goodyear)

Goodyear reChargeの紹介ビデオ(出典:Goodyear/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]