Twitterのドーシー氏、CEO続投へ--「物言う株主」と合意

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年03月10日 11時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間3月9日、Jack Dorsey氏が引き続き最高経営責任者(CEO)を務めると発表した。物言う株主であるPaul Singer氏がDorsey氏を排除して主導権を握ろうとしていると報じられていた。Twitterは、Singer氏のファンドであるElliott Managementから1人の取締役を受け入れる。

Jack Dorsey氏
Jack Dorsey氏
提供:Getty Images

 Twitterはさらに、IT企業への投資を手がける大手投資会社Silver Lakeから10億ドルの出資を受けることも発表した。株価の引き上げを目指して、20億ドル相当の自社株を買い戻す計画だ。Silver Lakeからも1人の取締役を迎える。

 Dorsey氏は発表の中で次のように述べた。「Twitterは、『公開された会話』を提供している。われわれの目標が今ほど重要なことはこれまでなかった」

 2月に入って、Singer氏がDorsey氏の排除を画策しているといううわさが流れ始めた。Singer氏の不満の1つは、Twitterの株価が低迷していることだった。同社の株価は今も、7年前のIPO価格を16%以上下回っている。Singer氏はまた、Twitterと決済企業SquareのCEOとしてDorsey氏の時間が有効に使われているのかについても疑問視した。

 Dorsey氏は、2020年に最大半年間アフリカに滞在する計画も立てていたが、Singer氏のCEO交代計画が明らかになった後、考え直すことを明らかにした

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]