LINE、マッチングサービス事業に参入--Diverseと合弁会社設立

山川晶之 (編集部)2020年03月05日 18時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは3月5日、IBJグループのDiverseと共同で「HOP株式会社」を設立すると発表。マッチングサービス事業に参入する。

 HOPでは、人と人のつながりの距離を「HOP」とし、そのつながりを利用してパートナーとマッチングするとしており、LINEのセキュリティ基準、画像認証、パーソナライズなどのAI技術を活用。婚活サービス「youbride」などを手がけるDiverseのノウハウと、LINEの国内8300万人のユーザー基盤を組み合わせ、本人確認強化、パートロールや監視など信頼性・安全性、プライバシー保護を重視した、新しい出会いの場を作るという。

 LINEでは、スマートフォンの普及、セクシュアリティの考え方の多様化など、パートナー選びやコミュニティの価値観も変化しているほか、米国やアジアのコミュニケーション企業、SNS企業がマッチングサービスを提供。幅広い層で利用されている巨大なユーザー基盤を生かし、LINEもこの流れに乗る形となる。

 HOPの代表取締役には、LINE執行役員 事業戦略室 室長の室山真一郎氏が就任。 資本金および資本準備金は4億円で、出資比率はLINEが60%、Diverseが40%。LINEの連結子会社となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]