logo
新型コロナウイルス関連

「iPhone」生産、第2四半期まで改善せず--著名アナリストのクオ氏が予測

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年03月03日 09時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleによる「iPhone」生産は第2四半期まで大きく改善されることはないとする、アナリストであるMing-Chi Kuo氏の予測をMacRumorsが報じた。同社のサプライチェーンが、世界中に拡大している新型コロナウイルスの影響を受けているためだという。同氏は以前、Appleは一部の製品リリース計画を遅らせなければならない可能性があると警告していた。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 Kuo氏は、Genius Electronic OpticalからのiPhone用カメラレンズの供給が減少しており、大量生産は5月まで再開されない可能性が高いと指摘している。

 肺炎のような症状を引き起こす新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」は、2019年12月に中国武漢市で発見された。世界中で感染者は9万人以上、死者は3000人以上にのぼっている。

 Appleは2月、新型コロナウイルスの影響で四半期売上高ガイダンスを達成できない見込みだと発表した。同社は、中国本土の直営店全42店舗に加え、オフィスやコンタクトセンターを一時閉鎖した。最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は先週、中国は新型コロナウイルスを制御下に置きつつあると自信をもって表明し、Appleが同国の工場を再開したことをFox Businessに対して明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]