[ブックレビュー]苦手な英文法を克服--「世界でいちばんシンプルな英文法の本」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あさ出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 176ページ / あさ出版 / 著者:田中 明子 / 発売日:2019/07/25 / 外形寸法 (H×W×D):18.7cm×13.0cm×1.7cm / 重量:0.2kg
内容:「英文法」が苦手という声はよく聞かれるが、実は「英文法用語」が苦手なだけなのかもしれない。本書で説明される英文法は、本当にシンプルだ。文法用語の意味も含めて、押さえておくべき基本、あるいは、よく分かっていなかった語句の使い分け方など、サッと読めて、「そういうことだったのか」と分かる。
「日本人だから知らない 世界でいちばんシンプルな英文法の本」
「日本人だから知らない 世界でいちばんシンプルな英文法の本」

 「英文法」が苦手という声はよく聞かれるが、実は「英文法用語」が苦手なだけなのかもしれない。本書で説明される英文法は、本当にシンプルだ。文法用語の意味も含めて、押さえておくべき基本、あるいは、よく分かっていなかった語句の使い分け方など、サッと読めて、「そういうことだったのか」と分かる。

 ネイティブではない日本人が、きちんとした英語を書いたり話したりするには、やはり英文法を理解して、そのルールに従って英文を組み立てていかなければならない。しかし、毎日英語を使っているのでもなければ、「これってどう言えばいいんだっけ?」「この違いはなんだっけ?」となる。そんな時に、「この本に書いてあったはず」と読み返すにも、本書の手軽さが生きてくる。

 例えば、「日本語では主語がなくても大丈夫な文章を、英語にするとどうなるか」「一つなのか、複数なのかを意識するってどういうこと?」「aとtheは、結局何が違うのか」。こうした素朴な疑問をすぐに解決したいという場合にも役立つほか、助動詞の使い分け、仮定法の使い方など、もう少し自分の言いたいことを的確に表したいという場合にも、とても参考になる。電子書籍版もあるので、Kindleなどに入れておくと、いつでも参照できて便利だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]