logo
新型コロナウイルス関連

LivePark、イベントを中止した企業や団体に向け無償ライブ配信サポートプログラム

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LiveParkは2月28日、同社が運営しているイベント参加型ライブ配信「LIVEPARK」のプラットフォームを、新型肺炎の影響で中止せざるをえなかった企業や団体のトークイベントやセミナーの場として無償で提供すると発表した。

キャプション

 今回の「LIVEPARK無償ライブ配信サポートプログラム」では、同社が有する配信機材やスタッフ、配信場所などLIVEPARKの配信プラットフォーム一式を無償で提供するという。

 LIVEPARKは、ライブ中にPCの画面やWebを共有する機能を有しており、スライドや関係資料などを視聴者に見せながら、ライブ配信をすることが可能。なお、「LIVEPARK」アプリを通じて不特定多数に配信するシステムであることから、特定の個人などに向けたシステムについては今回対象外となる。

 希望に合わせて、YouTubeなどにアーカイブを置くことも可能。

キャプション

 ライブ配信の利用受付は、3月31日を予定している。相談フォームにより配信内容を確認したうえで、同社の規定と方針に則り、最終的な配信の可否を連絡するという。

 また、不明な点や「こういうことはできるか?」といった相談についても、相談フォームにて受け付けるという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]