logo
新型コロナウイルス関連

「GDC 2020」、新型コロナで参加やめる企業が続出--マイクロソフト、Epic Gamesも

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年02月28日 08時41分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Game Developers Conference(GDC)2020の雲行きが怪しくなってきた。参加を取りやめる企業が相次いでおり、MicrosoftとEpic Gamesが新たに参加中止を発表した。

gdc-2019-sony-playstation
提供:James Martin/CNET

 GDCは先週、「新型コロナウイルスに対する米国の検疫措置と、会場における多数の高度な対策により、コミュニティーのための安全で首尾のいいイベントを開催できる」としていた。GDCに最新の状況に関するコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

 その年のゲーム関連の最大級の発表が行われるGDCは現在のところ、サンフランシスコで米国時間3月16~20日に開催が予定されている。

 Microsoftは2月27日、「プレーヤー、開発者、従業員、そして世界中のわれわれのパートナーの健康と安全が当社の最優先事項」であるため、GDCへの参加を取りやめると発表した。

 その代わり3月16~18日にオンラインでデジタルイベントを開催する。クラウドゲームなどに関するセッションを設け、ゲーム開発、インクルーシブなゲーム設計、オンラインゲーム、同社の新しいハードウェアおよびゲーム配信に関するパネルディスカッションを開くほか、「Minecraft」や「Gears of War」の開発舞台裏を紹介するという。

 Microsoftは、新しいゲーム機「Xbox Series X」についても、さらなる詳細を発表すると期待されている。

 Epic Gamesは27日、参加中止をツイートで発表し、代わりに「他の手段で」情報を発信していくとした。

 「Epic社員一同、GDC 2020への参加を楽しみにしていた。残念ながら、健康に関する懸念が不透明であることから、従業員を派遣することができなくなった」と同社はツイートした。

 GDC 2020への参加を取りやめた企業としては、他にUnity、ソニー、Facebookと傘下のOculus、EA、コジマプロダクションがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]