logo

スミソニアン博物館など、収蔵品280万点の2D&3D画像を無償公開--改変も自由

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のスミソニアン協会は、スミソニアン博物館などの所蔵物をスキャンして得た高解像度の2Dおよび3D画像データ280万点を、パブリックドメインとして「Smithsonian Open Access」で公開した。

280万点の画像データを無償公開(出典:スミソニアン協会)
280万点の画像データを無償公開(出典:スミソニアン協会)

 各画像にはCreative Commons Zero(CC0)ライセンスが適用され、無料ダウンロード可能なだけでなく、共有や再利用、改変が自由に実行できる。膨大な画像を使ってポストカードを自作したり、自分の作品を作ったりすることも可能だ。

左:ライト兄弟の飛行機、右:アポロ11号の司令船(出典:スミソニアン協会)
左:ライト兄弟の飛行機、右:アポロ11号の司令船(出典:スミソニアン協会)

 画像は、19館あるすべてのスミソニアン博物館、9カ所の研究センター、図書館、保管施設、国立動物園の収蔵品をスキャンしたもの。ジャンルは、芸術作品から、人文科学、科学、工学まで幅広い。

左:ジョージ・ワシントン初代大統領、右:モハメド・アリのヘッドギア(出典:スミソニアン協会)
左:ジョージ・ワシントン初代大統領、右:モハメド・アリのヘッドギア(出典:スミソニアン協会)

 スミソニアン協会の管理している収蔵品は1億5000万点以上あり、今回公開した280万点は全体の2%にも満たないという。今後は、2020年中に20万点以上の画像を追加し、それ以降も順次データを増やしていく計画。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]