logo

Uber、電話による配車予約をテスト--フィーチャーフォンでも利用可能に

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年02月14日 10時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uber Technologiesの配車サービスが、今後はスマートフォンでなくても利用できるようになる。同社は、フィーチャーフォンしか使っていない人でも配車を予約できるようにする新たなサービスを、米アリゾナ州で試験運用していることを明らかにした。このサービスはもともと高齢者を対象にしたものだが、誰でも利用できる。

スマートフォンに「Uber」の文字
提供:Angela Lang/CNET

 サービスを利用するには、1-833-USE-UBERにダイヤルする。するとUberは発信者を人間のオペレーターにつなぎ、オペレーターが配車を予約する。タクシーと同じような仕組みだ。

 Uberは、高齢者からのフィードバックに基づいてこの機能を開発したと説明。高齢者からは、人間と話ができれば配車の予約がはるかに簡単になるとの声が寄せられたという。乗客は、Uberの割安な配車サービスから、高級車や車椅子対応の車両まで、すべてのサービスをこの電話による予約機能を使って手配できる。サービスを利用するのに追加料金はかからない。フィーチャーフォンしか持っていない人を想定したサービスではあるが、スマートフォンを使っている人も利用できる。

 この新たな電話予約機能でも、オペレーターはUberのアプリと同じ技術を使って見積もった料金を乗客に伝える。乗客はその後、到着予想時間(ETA)、ドライバーの氏名、車両のナンバープレートに関する情報が記載されたSMSテキストを受け取る。降車時には、新たなメッセージとともに領収書が送信される。

 Uberの広報担当者によると、同社はこのサービスを今後数カ月のうちに米国の他の州にも拡大する計画だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]