logo

JALと住友商事、空中タクシーサービス実現に向けeVTOL開発のBellと提携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)と住友商事は、垂直離着陸可能な電動マルチコプター(eVTOL)などを手がけるBell Textronと空中タクシーサービス分野で提携し、日本およびアジアにおける市場調査や事業参画などについて共同で研究すると発表した。

空中タクシーサービス分野で提携(出典:Bell)
空中タクシーサービス分野で提携(出典:Bell)

 eVTOLは離着陸時に滑走路が不要なため、短中距離向けエアモビリティとして期待されているという。3社は、空中MaaS分野における新規事業の創出と次世代インフラ事業の開発などを目的として、研究に取り組む。

 具体的には、eVTOLによる移動サービスなどを実現するため、日本およびアジアにおける市場調査を実施する。また、サービス実現に必要なインフラ構築も検討していく。Bell製eVTOLを用いたアジア域内でのサービス提供も検討するので、「Nexus 4EX」の日本導入も考えられる。

アジア域内でのサービス提供を検討(出典:JAL、住友商事)
アジア域内でのサービス提供を検討(出典:JAL、住友商事)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]