logo
新型コロナウイルス関連

MWC 2020が開催中止に--新型コロナウイルスの影響で各社が参加見送り

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年02月13日 07時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Mobile World Congress(MWC) 2020」が開催中止になった。携帯通信分野の業界団体でMWCを主催するGSMAは現地時間2月12日、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念を理由に多数の企業が出展見送りを表明している事態を考慮し、2020年のMWCの開催を中止すると発表した。MWCは毎年2月にスペインのバルセロナで開催されている携帯通信業界の一大イベントだ。

過去のMWC会場の様子
過去のMWC会場の様子
提供:Matthias Oesterle/Corbis via Getty Images

 「新型コロナウイルスの感染拡大、渡航の問題、その他の状況に関する世界的懸念により、GSMAが同イベントを開催することが不可能な事態になった」と、GSMAの最高経営責任者(CEO)を務めるJohn Hoffman氏は声明のなかで説明している。

 LGが、2月下旬に開催予定だったMWCへの出展取りやめを大手企業として初めて発表したのは1週間前のことだった。そして、その翌日から出展見送りを表明する企業が相次いだ。出展見送りを決めた企業各社は、世界中から10万人を超える参加者が訪れる同イベントで、新型コロナウイルスが自社の従業員に与える健康リスクを懸念材料として挙げていた。

 GSMAは、参加者同士の握手を禁じる方針を打ち出すなど非常に厳格な対策を講じ、また中国の一部の地域からの参加自粛を求めるなどして、出展予定企業の懸念に対応していた。しかし、そうした予防措置を講じても企業各社の出展見送りを食い止めることができなかった。GSMAはこれまでに何度か、MWCは予定どおり開催するとの声明を出していたが、現地時間12日にNokia、HMD、Deutsche Telekom、BTが新たに出展中止を発表してまもなく、ついに同イベントの開催を断念することになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]