logo

インテルやNTTドコモも--新型コロナウイルスでMWC出展中止

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年02月12日 10時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間2月11日、スペインのバルセロナで現地時間2月24〜27日に開催予定のモバイル見本市「Mobile World Congress(MWC)Barcelona 2020」に参加しないことを電子メールの声明で明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、他のテクノロジー企業も相次いで出展を取りやめている。Amazon.com、LGソニーなどがすでにMWCへの参加中止を表明している。

Intel
提供:Stephen Shankland/CNET

 NTTドコモもMWCへの出展を中止する。同社は10日、「ドコモブースにご来場されるお客さま、パートナー企業の皆さま、説明員の安全に配慮し」、決定したと述べた

 中国のスマートフォンメーカーVivoも同様に参加を中止すると電子メールで表明しており、コンセプトスマートフォン「Vivo APEX」の2020年モデルの発表は延期する。

 新型コロナウイルスは2019年12月、中国湖北省の省都である武漢市で確認された。2月11日時点で、肺炎の症状が出るこのウイルスには世界で4万人以上が感染し、死者は1000人を超えた。感染者は約30カ国で確認されており、スペインでも2人が感染したとされている。

 MWCを主催するモバイル業界団体GSM Association(GSMA)は、本稿執筆時点で予定通りMWCを開催すると述べているが、湖北省からの参加者の入場を禁止するなど、公衆衛生上の追加措置を取るとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]