logo

アマゾン、ベルビューで1万5000人の雇用を生み出す計画

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年02月07日 11時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間2月6日、本社を置く米ワシントン州シアトルの東に位置するベルビューで、雇用を拡大する計画であることを明らかにした。

Amazon
提供:James Martin/CNET

 Amazonは、今後数年でベルビューで1万5000人以上の雇用を新たに生み出す計画だとしている。同社がベルビューに初めてオフィスを置いたのは2017年で、現在2000人の従業員が勤務している。シアトル本社の従業員は5万人を超えるとされる。

 T-Mobile USなどもベルビューに本社を置いている。Amazonがベルビューに関心を寄せていることについては、2019年から明らかな兆候があった。Amazonは、ベルビューに所有する不動産を増やしている中、同社の最も高層のビルとなる43階建てのオフィスタワーを建設する計画だと報じられた。また2019年4月には、オペレーション業務に従事する従業員にベルビューへの異動の可能性について伝えたとされる。全体として、Amazonはシアトルでの従業員数を削減し、ベルビューで雇用を拡大するわけではないようだ。シアトルでも1万人以上の求人を出しているという。

 2019年2月には、ニューヨーク市に第2本社を建設する計画を撤回した。2万5000人の新規雇用をもたらすとされていた。

 Amazonは先週、2019年第4四半期の時点で、従業員数が79万8000人であることを明らかにした。3カ月前は75万人だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]