logo

Alphabet決算、YouTube広告とクラウドの売上高を公表--いずれも2桁成長

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2020年02月04日 11時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社Alphabetが、主要事業であるYouTubeとGoogle Cloudの売上高を初めて投資家に公表した。2019年度のYouTubeの広告収入は前年の112億ドルから36%増加して151億ドルに、Google Cloudの売上高は前年の58億ドルから53%増加して89億ドルとなった。

Googleのロゴ
提供:Stephen Shankland/CNET

 Alphabetは米国時間2月3日、2019会計年度第4四半期および通期の決算(12月31日締め)を発表した。好悪入り混じる内容だ。すでにGoogleを率いたSundar Pichai氏が最高経営責任者(CEO)に就任して以来、初めての決算発表となる。

 Alphabetの第4四半期の売上高は、アナリスト予測の469億4000万ドルを下回る460億7000万ドルだった。1株当たり利益は12.53ドルの予想を上回る15.35ドルだったと、Thomson Reutersは報じている。

 Pichai氏は、YouTube MusicとYouTube Premiumの有料会員数が計2000万人に達したことも明らかにした。YouTube TVの米国における会員数は200万人だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]