logo

iPhone SE後継モデル、いよいよ登場か--Appleニュース一気読み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年のApple最初の新製品は、待望の小型・廉価モデルになりそうだ。2019年後半から、Appleの廉価版スマートフォン、「iPhone SE」の後継モデルが登場する可能性が指摘されるようになった。ちょうど2019年は初冬からiPhoneの世界的な不振により、Appleの売上高が大きく落ち込んだ時期でもある。これを打開するための製品として、iPhone SEの後継となる300ドル台で販売されるスマートフォンの投入が、戦略上重要であると実しやかにささやかれるようになった。

 iPhone SEは2016年3月に登場したスマートフォンで、4インチRetinaディスプレイを備えるデザイン。2012年のiPhone 5、2013年のiPhone 5sの筐体をそのまま流用したため、当時からすると2世代前のフォームファクターを採用している。

 しかしプロセッサは、2015年9月、半年前に登場した現役モデルのiPhone 6sと同じA9プロセッサを採用し、カメラも1200万画素を採用。その後3年間現役の廉価モデルとして販売を継続することとなった。結果的に言えば、iPhone SEはiPhoneラインアップの中でもイレギュラーの存在ながら、その役割を果たした製品だった、と振り返ることができる。

 それを踏まえて、iPhone SEの後継モデルを考える際、2016年の展開をそのまま2020年に置き換えてみてはどうだろう。すると、こんな仕様が浮かび上がる。

  • デザインはiPhone 8を踏襲(2世代前のデザイン)
  • カメラは1200万画素
  • プロセッサはA13 Bionicを搭載

 A13チップを製造するTSMCは、iPhoneの好調で増産に転じるとの報道があった。確かに2019年モデルのiPhone 11シリーズは意外にも検討しているようだが、これに加えてiPhone SE後継モデルにA13チップを採用するなら、確かに増産が必要なほどの需要が生まれることも想像にたやすい。

新しい低価格「iPhone」、2月に量産開始か(01/23)

プライバシー対策、一進一退

 AppleはiCloudのユーザーデータ暗号化の計画を断念したことがわかった。理由はFBIによる圧力だったとみられる。

 Appleはこれまで、FaceTimeやiMessageなどのコミュニケーションサービスについて、エンド・トゥ・エンドの暗号化を行なっており、通信内容を第三者が知ることはできない。しかしiCloudバックアップは暗号化されていないため、ハッキングの要因になったり、傍受の可能性を残していた。

 そこでAppleは2年前、iCloudバックアップについても暗号化を施したい意向をFBIに伝えたが、この計画についてFBIは了承し難かったとみられる。Appleから提供される、iPhoneにまつわる操作関連情報が無となる可能性高かったからだ。

 バックアップ暗号化断念のニュースは、米国では失望をもって受け止められている。プライバシーをブランド価値としてアピールするAppleにとっても痛手と言える。

アップル、「iCloud」上のユーザーデータ暗号化計画を断念--FBIからの圧力で(01/22)

その他

アップル、ジムとの提携プログラム「Apple Watch Connected」 を発表(1/24)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]