logo

ウイルス対策ソフトのアバスト、子会社を廃業へ--ウェブ閲覧データ販売の疑い

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年01月31日 11時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無料のウイルス対策ソフトウェアを提供するチェコのAvast Softwareは、子会社のJumpshotを廃業させる。Jumpshotが「センシティブな」ウェブ閲覧データを販売していたとMotherboardPCMagが報じていた。

鍵のイラスト
提供:Graphic by Pixabay/Illustration by CNET

 Avastのソフトウェアは、全世界で膨大な数のコンピューターにインストールされているが、報道によると、ユーザーのオンライン活動に関するデータを収集してJumpshotに送っていたという。Jumpshotはこれらのデータを顧客に販売していたと報じられている。Avastは、ユーザーの氏名、電子メールアドレス、連絡先の詳細といった個人情報が共有または販売されたことはないと述べた。

 Avastの最高経営責任者(CEO)を務めるOndrej Vlcek氏は、現地時間1月29日のブログ記事の中で、自身と取締役会は直ちに「Jumpshotのデータ収集を終了させ、Jumpshotの事業を徐々に縮小する」ことを決定したと述べた。Jumpshotの顧客には、Google、Unilever、Revlon、McKinsey & Companyなどが名を連ねているという。

 なおVlcek氏は、AvastもJumpshotも「完全に法の範囲内で行動」し、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)を順守していたと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]