logo

LINE、トーク画面上から家電を操作できる「Clova Bot」を公開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは1月30日、AIアシスタント「Clova」において、LINEのトーク画面上でのタッチ操作やテキスト入力による家電操作が可能な「Clova Bot」の提供を開始したと発表した。

キャプション

 同社が展開するAIアシスタント「Clova」は、2017年に発売した「Clova WAVE」をはじめ、スマートディスプレイ「Clova Desk」など、さまざまなスマートスピーカーに搭載されている。例えば、「ねぇClova」と話しかけることで、音楽やニュース、天気を聞けたり、LINEと連携して家族や友だちとのメッセージのやり取りや無料通話が可能となる。

 今回提供を開始したClova Botによって、スマートスピーカーに話しかけることなく、LINEのトークルーム画面でのタッチ操作やテキスト入力による家電操作が可能となった。対応している家電は8万点以上にのぼり、どこからでも鍵の施錠・エアコンやTVのオン・オフなどが可能になる。なお、同機能はLINE Clova公式アカウントから利用できる。

 また、アイリッジと共同で、IoT住宅を体験できるモデルルーム「LINE Clova IoT体験モデルルーム」(スマートハウジング豊洲まちなみ公園)を2月1日から2月9日の期間、一般公開する。同モデルルームでは、「ねぇClova、リビングの照明をつけて」と話しかけるだけで電気をつけたり、声だけで鍵の施錠をしたりなどスマートスピーカーを通じた音声操作だけでなく、Clova Botによる家電操作も体験できるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]