logo

無料ウイルス対策ソフトのアバスト、ユーザーのウェブ閲覧データを販売か

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年01月28日 11時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルス対策ソフトウェアメーカーAvastが、Jumpshotという子会社を通して「機密性の高い」ウェブ閲覧データを販売していると報じられている。MotherboardPCMagが米国時間1月27日に公開した調査結果によると、同社のソフトウェアは、ユーザーのクリック操作やウェブでの動きを追跡し、「Google」や「Googleマップ」での検索内容や、訪問した具体的な「LinkedIn」ページ、「YouTube」動画、ポルノサイトなどのデータを収集しているようだ。Avastの無料ウイルス対策ソフトは世界中で多くのユーザーに使用されている。

ウイルス対策ソフトウェア
提供:James Martin/CNET

 収集されたデータは、Jumpshotによって再パッケージされ、販売されているという。Jumpshotのウェブサイトでは、「インターネットの最も貴重なウォールドガーデン」内のユーザーの行動に関するデータを提供できると説明されている。記事によると、Jumpshotの過去と現在の顧客、潜在的な顧客には、Google、Yelp、Microsoft、Pepsi、Sephora、Home Depot、Intuitなどが名を連ねる。記事は「漏えいしたユーザーデータ、契約、その他企業文書」に基づいているという。

 Avastの広報担当者は27日、電子メールによる声明で、Jumpshotは「氏名、電子メールアドレス、連絡先の詳細など、個人を特定する情報」は取得していないとし、ユーザーには常にJumpshotへのデータ共有をオプトアウトするオプションを提供していると述べた。さらに、「ユーザーのプライバシーと、当社の主力セキュリティ製品で必要なデータ利用とのバランスをとる責任」があることを理解し、重くとらえていると述べている。

 Avastはユーザーに対し、ウイルス対策ソフトウェア内のポップアップメッセージで、データ収集をオプトインするよう求めていると報じられている。しかし、「複数の」ユーザーがMotherboardに対し、閲覧データがその後販売されていることを認識していないと述べたという。

 同社のプライバシーポリシーには、個人データは同意に基づき、「非特定化されたデータセットの作成に使用され、トレンド分析の製品やサービスを構築するために、Jumpshotに提供される」と記されている。

 米CNETはJumpshotにコメントを求めたが回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]