logo

メルペイ、「Origami Pay」運営会社を買収--ブランドはメルペイに統合へ

山川晶之 (編集部)2020年01月23日 15時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは1月23日、同社傘下のメルペイが、モバイル決済サービス「Origami Pay」を展開するOrigamiの株式を取得し、100%子会社化すると発表した。なお、取得金額については非公開。

キャプション

 同社では、統合する理由として「スマートフォン決済事業者間における競争も激化するなか、メルペイ・Origami両社の強みを融合することにより、単なるスケールメリットの実現に留まらない独自の価値を提供し、ひいては日本のキャッシュレス社会実現に寄与できるものと考え、両社で協議の結果、Origamiがメルカリグループに参画することについて基本合意した」とリリースでコメントしている。

 今後は、Origami Payのサービスやブランドをユーザーや加盟店に一定の周知期間を得たのち、メルペイに統合する。また、メルカリ、メルペイ、Origami、同日付でメルカリやメルペイと業務提携を締結した信金中金の4社共同で、地域の中小事業者へのメルペイ導入の推進を図る。さらに、信金中金が有する全国のネットワークを通じて、メルペイを活用した地域イベントや、メルカリの登録から購入、出品の仕方などを学べる「メルカリ教室」、利用促進キャンペーンなどを展開するとしている。

 Origamiは2012年に設立。2016年にはモバイル決済サービス「Origami Pay」を提供するなど、早くからキャッシュレスに取り組んでおり、全国の金融機関、特に信用金庫との連携を強化している。2019年には、金融プラットフォーム「Origami Network」、幅広い金融サービスの提供を目指したOrigami Financial Serviceの設立などを発表。他社への決済機能の提供も積極的で、トヨタのウォレットサービスにもOrigami Payが導入されている。

 キャッシュレス市場は、最近では一段落したものの各社がキャンペーン合戦を展開しているほか、2019年11月にはLINEとヤフーが経営統合を発表するなど、競争環境が大きく変化している。こうした状況から、今後も生き残りをかけたサービスの統廃合が進むと考えられる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]