logo

テスラのマスクCEO、車が歩行者に話しかける動画を公開

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年01月14日 12時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 未来というのは不思議なものだ。タイムマシンで2000年に戻って、電気自動車が輸送手段の主流になり、しかも話すことができるようになると教えてあげよう。

Tesla車
提供:Nick Miotke/Roadshow

 車が話をするというのはごく最近の話題で、Teslaの最高経営責任者(CEO)Elon Musk氏が米国時間1月12日にこの可能性に言及した。Musk氏はツイートで、Teslaの車両は間もなく、設定次第で歩行者に話しかけることができるようになると述べ、名前のないこの機能を短い動画で紹介した。

 動画では、通り過ぎるTeslaの「Model 3」が撮影者に対して、「そこに立って見ていないで乗車したら」と言っている。歩行者を誘って自分の車に乗せたいとはあまり思わないが、友人の前で披露するには面白いパーティの余興だ。この機能を人々が面白がっている動画が撮影できることだろう。

 話がそれてしまった。同機能に関してMusk氏はこれ以上の詳細を明かしていないが、ここで使われているスピーカーは、電気自動車やプラグインハイブリッド車に対する2020年の新規制に合わせて追加されたものと同じである可能性が高い。Tesla車をはじめとするすべての電気自動車は2020年から、時速18.6マイル(30km)以下で走行中は歩行者に聞こえる警報音を発することが義務付けられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]