logo

Snap、ディープフェイク技術の新興企業AI Factoryを買収

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ) 編集部2020年01月06日 10時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Snapchat」アプリの開発元であるSnapは、画像と動画の認識技術を手がける新興企業AI Factoryを買収したと、Varietyが報じた。記事によると、Snapchatは最近実装した新機能「Cameo」にAI Factoryの技術を利用したという。この機能は、シーンに自撮り写真を挿入し、ループ動画として送信できるもので、ディープフェイク動画が作成される可能性について懸念が生じている。

SnapchatのCameo機能
SnapchatのCameo機能
提供:Corinne Reichert/CNET

 SnapchatのCameo機能では、自撮りをして性別を選択できる。するとSnapchatは自撮り写真を保存し、顔の特徴を操作して表情を変更する。

 操作された自撮り写真はその後、子犬やウサギといった素材の上に挿入されるが、他の人の上に挿入することもできる。たとえば、風呂に浸かっている人、美容院や教室にいる人、映画のセットの中にいる人、車を運転している人、飛行機に乗っている人、体にぴったりしたドレスを着てカメラにキスしている人などに、自撮り写真をはめ込むことができる。

 Varietyはウクライナのテクノロジー関連メディアの情報として、SnapによるAI Factoryの買収は1億6600万ドル(約179億円)規模になると伝えた。Snapは3日午後、米CNETへの電子メールでこの買収が事実であることを認めたが、買収の条件は明らかにしなかった。

 米議会は、Nancy Pelosi下院議長の加工動画が出回ったことを受け、ディープフェイクについて調査中だ。ディープフェイクによって、2020年の米大統領選期間中にフェイクニュースがエスカレートするのではないかと懸念されている。

 また同日のTechCrunchの報道によると、動画共有アプリ「TikTok」を提供する字節跳動(バイトダンス)が、顔をスキャンして他人の動画に挿入できるようにするディープフェイク技術を開発したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]