logo

米当局、ドローンを識別するリモートIDを義務付ける規則を提案

CNET News staff  (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年12月27日 10時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦航空局(FAA)は米国時間12月26日、当局者がドローンをリアルタイムで追跡できるようにするため、大半のドローンを対象にリモートIDへの対応を義務付ける規則を提案した。

米スタートアップZiplineのドローン
米スタートアップZiplineのドローンは、ルワンダで病院に血液を運ぶのに使われている
提供:Stephen Shankland/CNET

 米運輸省のElaine L. Chao長官は、FAAのプレスリリースで次のように述べた。「リモートID技術は、FAAや法執行機関、連邦治安当局が管轄内を飛行中のドローンを識別できるようにして、安全性とセキュリティを強化する」

 提案された規則は、FAAへの登録が義務づけられているすべてのドローンに適用される。つまり、重さが0.55ポンド(約250g)以下の娯楽用ドローンは適用を免れる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]