logo

RFIDタグが語るスニーカーの“裏話”--KCKC、スニーカーの真贋比較できるイベント開催

加納恵 (編集部)2019年12月20日 16時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シティーデジタルは12月20日、スニーカー取引サービス「KCKC」のポップアップイベント「SNEAKER MUSEUM by KCKC」を阪急メンズ東京にて開催する。ブロックチェーンを活用したRFIDタグで、スニーカー一つ一つに刻まれたストーリーをスマートフォンで読み込んで見られる。

「SNEAKER MUSEUM by KCKC」
「SNEAKER MUSEUM by KCKC」
KCKCオリジナルRFIDタグ
KCKCオリジナルRFIDタグ

 東京都千代田区にある阪急メンズ東京の6階で開催し、期間は1月8~14日。100足以上の貴重なスニーカーとフェイクスニーカーと正規品の比較などを展示する。

 KCKCは、ブロックチェーンを活用したRFIDタグを使い、スニーカーの真贋を保証するスニーカー取引サービス。RFIDタグは、ブロックチェーンの情報をリンクし、コピーと書き換えのできない状態にすることで、本物であることを保証する。

 会場では、レアスニーカーにKCKCオリジナルRFIDタグが付け、スニーカーの詳細をスマートフォンで読み込んで見られる仕組み。「著名なアーティストが所蔵」「世界で数足」といったレアなものから、「学生の頃に初めて貯金で買った」「徹夜で並んでやっと買えた」などの身近なストーリーまでを書き込むことで、スニーカーに新たな付加価値をつけるとしている。

 期間中はスニーカーショップ「askate」がスペシャルパートナーとしてイベントに参加。詳細は後日、KCKC・askateのインスタグラムで告知するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]