logo

キャッシュレス決済の4社連合解消へ--LINE、メルペイ、ドコモ、KDDIの「MoPA」終了

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE Pay、メルペイ、NTTドコモ、KDDIは12月19日、4社間での業務提携によって運営されていたキャッシュレス決済の加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance」(MoPA)の業務提携を解消し、活動を終了することに合意したと発表した。

キャプション
LINE CONFERENCE 2019にてNTTドコモのMoPA加盟が発表された

 LINE Payとメルペイは、サービスを利用する加盟店や利用者にとって利便性の高いモバイル決済サービスの提供を目的として、2019年3月に戦略的業務提携を締結。MoPAを設立した。6月には、アライアンスの趣旨・目的に賛同したNTTドコモが、9月にはKDDIが参画していたが、LINE Pay側の今後のサービス方針転換を理由に、MoPAの思想とズレが出てくる可能性が大きいことから、協議の結果、今後の活動を終了することに合意したという。

 なお、LINE Payとメルペイ間では、営業取次による新規開拓営業で協業していたが、契約自体は各社個別で締結しており、アクセプタンスマークなどの掲示物も各社のものを提供しているため、活動終了による利用者や加盟店側への影響はないとしている。NTTドコモとKDDIを含めたその他の取り組みについては、今後開始することになっていたため、同様に影響はない。

 加えて、LINE Payではキャッシュレス推進協議会が策定するコード決済の統一仕様「JPQR」において、MPM方式への対応をMoPAでの活動を通じて行う予定だったが、今後は自社でMPM方式に対応することで「JPQR」に参画(CPM方式については8月に対応済)。提携は解消となるが、4社ともJPQRには引き続き加盟するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]