logo

LINE、「荒野行動」の中国NetEase Gamesと複数ゲームタイトルで包括契約

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは12月19日、中国大手パブリッシャーNetEase Gamesと、コミュニケーションアプリ「LINE」のチャネリングモデル導入における包括契約を締結したと発表した。

キャプション

 同社は、コミュニケーションアプリのLINEを入り口として、人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がり、全てが完結するスマートポータル戦略を推進。日本国内で月間利用者8200万人のユーザー基盤を有している。ゲーム事業では、そのユーザー基盤を生かしたチャネリングモデルをスマホ向けゲームアプリに提供。NetEase Gamesの「荒野行動」や「Identity V 第五人格」をはじめ、幅広いタイトルが導入しているという。

 同社がゲームアプリに展開するチャネリングモデルとは、LINEのソーシャル機能をゲーム内で活用するサービス。同サービスを導入することで、LINE上のソーシャルグラフを活用でき、ユーザーは自分が遊んでいるゲームにLINEの友だちを招待したり、同じゲームで遊んでいるLINEの友だちをゲーム内ランキングで表示したり、ゲーム内アイテムを送りあったりと、ゲームの楽しさを共有できる。

 NetEase Gamesは、NetEaseが設立したオンラインゲーム部門。中国でPCおよび、スマホゲームの開発・運営をしているほか、自社開発と世界レベルの研究開発能力を上げるために、ブリザード・エンターテイメントやマイクロソフト子会社のモージャンABなど、世界的なゲームメーカーとも提携している。

 両社は、LINEが持つプラットフォーム基盤を活用したサービスとNetEase Gamesが展開する強力なタイトルとの連携により、アジア市場への新しいゲーム体験の提供を推進するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]