logo

「Apple Arcade」に年間49.99ドルのサブスクリプションプラン

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年12月17日 10時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleのゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」は9月、「iOS 13」のリリースと同時に提供開始された。100以上の独占タイトルのゲームをプレイ可能なサービスだ。月額4.99ドル(日本では600円)で提供開始されたが、少し割安になるサブスクリプションのオプションが今回新たに追加されたようだ。

 米国時間12月16日より、年間49.99ドルのサブスクリプションプランが提供されるという。Apple情報を伝えるドイツのサイトIfun.deが、このオプションを発見した。月額払いを年間払いに変更すれば、年間で約10ドル安くなる。

 Apple Arcadeのゲームは、「iPhone」「iPad」「Mac」「Apple TV」などのAppleハードウェア向けに開発されている。Square Enix、バンダイナムコ、Ubisoft、カプコン、The Chinese Roomなど、メジャーとインディーズ双方の開発企業が、Apple Arcade用のゲームを既にリリースしているか、今後のリリースを予定している。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

Apple Arcade
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]