logo

既存の聴診器をデジタル化する聴診デバイス「ネクステート」--シェアメディカル

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シェアメディカルは12月13日、後付型のデジタル聴診デバイス「ネクステート」(旧名ハミングバード)の出荷を開始すると発表した。価格は5万円(税別)。

 ネクステートは、既存の聴診器に装着する後付型のデジタル聴診化デバイス。欧米では、電子聴診器が登場しており、FDA認証を得た製品も登場しているが、多くはチェストピース(集音盤)を備える独立した聴診器だという。

 そこで、すでに所有し性能や音響特性を知り尽くしている愛用の聴診器そのものをアップデートし、デジタル化する独自の機構を開発した。

 オンラインストアでは9月より予約販売を開始しており、すでに300セットの注文を受けているという。また、自社オンラインストアに加えて各地の医療機器代理店での取り扱いも開始する。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]