logo
Makuake

18650電池としても使えるモバイルバッテリ「LIGHTINGALE」--USB-Cで直接充電

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 よく見かける乾電池より高い電圧が必要とされる機器では、18650型と呼ばれる電池が使われる。クラウドファンディングサービス「Makuake」に、18650電池とモバイルバッテリの機能を兼ね備えるデバイスが登場したので紹介しよう。

モバイルバッテリになる18650電池(出典:Makuake)
モバイルバッテリになる18650電池(出典:Makuake)

 Makuakeで支援募集中の「LIGHTINGALE」は、直径18.6㎜、長さ70.5㎜、重さ48gの18650電池。容量3400mAh、出力電圧3.6Vのリチウムイオン電池を内蔵しており、LEDライトやランタンなどに使える。

よく見かける乾電池よりやや大きい(出典:Makuake)
よく見かける乾電池よりやや大きい(出典:Makuake)
18650電池としてLEDライトなどに(出典:Makuake)
18650電池としてLEDライトなどに(出典:Makuake)

 USB type-Cポートを備えており、5V、1Aで充電できる。さらに、このUSB-Cポートは5V、1Aの出力にも対応し、スマートフォンなどさまざまなデバイスに給電可能なモバイルバッテリとしても機能する。

USB-Cで充電と給電(出典:Makuake)
USB-Cで充電と給電(出典:Makuake)

 充電状態は、+極側に設けられたLEDで確認する。充電中は赤色で、満充電だと緑色に光る。

 Makuakeでの目標金額は30万円。記事執筆時点(日本時間12月9日16時30分)でキャンペーン期間は29日残っているが、すでに目標の5倍近い約145万円の資金を集めている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]