logo

アドビ、Facebook傘下OculusのVR造形ツール「Oculus Medium」買収発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年12月09日 08時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは米国時間12月6日、Facebook傘下のOculus部門が生み出した仮想現実(VR)造形ツール「Oculus Medium」を買収することを発表した。VR戦略の加速化を図る。買収条件は明らかにされていない。

AdobeがOculus Medium買収

 Mediumは、ユーザーが没入的な環境でスカルプト、モデリング、ペイントなどを行うことのできるVR造形ツールだ。Oculusが2016年にリリースした。VRデバイス「Oculus Rift」で利用できる。

 Adobeは今後、Mediumを使用して、クリエイティブプロフェッショナル向けにVR、3D、イマーシブ(没入型)デザインサービスのポートフォリオを構築していく方針だ。Adobeによると、Mediumは、「Photoshop」「Dimension」「After Effects」「Substance」「Aero」などのAdobeの既存の3D製品やイマーシブ製品を補完するようだ。

 Adobeの3Dおよびイマーシブ担当バイスプレジデントSebastien Deguy氏は、「Adobeは、3D、イマーシブ製品の取り組みを有意義に加速させることを目指しており、Mediumのチームと技術をAdobeに迎えることは刺激的だ」と述べた。「Mediumのツールと技術の統合は、当社の3D、イマーシブ製品戦略に大きく寄与するだろう」(Deguy氏)

 Deguy氏は、3Dテクスチャー技術企業Allegorithmicの創業者だ。Adobeは、2019年1月にAllegorithmicを買収した。「Creative Cloud」の動画やモーショングラフィック関連のツールを充実させる計画だとしていた。Allegorithmicの中核製品であるテクスチャデザインツールSubstanceは、サブスクリプションベースのスイートとして、ビデオゲームのクリエーターや、ビジュアルエフェクトアーティスト、グラフィックデザイナーによって広く使用されている。

 SubstanceとMediumのチームは共同で「次世代の3Dツール」に取り組むとDeguy氏は述べた。

 両社の買収は、クリエイティブツールに継続的に投資し、買収によって新しい技術を同社のポートフォリオに追加していくというAdobeのアプローチに沿ったものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]