logo

「iPhone」、2020年は5機種が発売か--著名アナリストが予測

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部2019年12月06日 10時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たなレポートによると、2020年には、上半期に発売される新しい1機種を皮切りに、5機種の新「iPhone」が期待できそうだ。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 このレポートは、9to5MacとApple関連の著名アナリストMing-Chi Kuo氏によるものだ。Kuo氏は最新のレポートで、以前のレポートと同じく、Appleが上半期に新しい「iPhone SE 2」を発売すると述べている。

 iPhone SE 2は、初代「iPhone SE」が「iPhone 5S」に似たデザインでありながら「iPhone 6S」と同等のスペックだったように、4.7インチ版「iPhone 8」に似たデザインで内部仕様は最新のものになると予想されている。

 その後2020年内に、Appleは大規模なアップデートを実施する。Kuo氏は、ディスプレイが5.4インチの1機種、6.1インチの2機種、6.7インチの1機種の新しいiPhone4機種を予想している。4機種はいずれもOLEDディスプレイ搭載で5Gに対応する。大きな違いはカメラだ。

 5.4インチ版と低価格な方の6.1インチ版には背面カメラが2つ、高価格な方の6.1インチ版と6.7インチ版には3つの背面カメラとToF 3Dセンサーが搭載されるとのことだ。Kuo氏のレポートによれば、OLEDディスプレイ搭載の新端末4機種はフォームファクターに関して「『iPhone 4』と似たもの」になるという。

3.5インチのiPhone 4
3.5インチのiPhone 4
提供:Luke Westaway/CNET

 2020年のiPhoneに加えて、Kuo氏は2021年のiPhoneについても記述し、2021年版では最もハイエンドなモデルでLightningポートが廃止され、「完全にワイヤレスな体験」へと移行するという。これは有線充電のためにUSB-Cに移行するわけではないことを示唆している。

 同氏はさらに2021年に「iPhone SE 2 Plus」が登場すると予想し、このモデルはディスプレイが全面に広がるデザインだが顔認識機能「Face ID」を採用せず、指紋センサ―「Touch ID」を側面の電源ボタンに搭載するものになるとした。画面サイズは5.5インチまたは6.1インチになるという。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]