logo

ディスプレイなし--キヤノン、「究極の引き算をした」新コンセプトカメラ「iNSPiC REC」

坂本純子 (編集部)2019年12月05日 15時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は12月5日、気軽に持ち歩ける新コンセプトカメラ「iNSPiC REC(インスピック レック)」を12月下旬より発売すると発表した。キヤノンオンラインショップ販売予定価格は1万3800円(税別)。

新コンセプトカメラ「iNSPiC REC(インスピック レック)」
新コンセプトカメラ「iNSPiC REC(インスピック レック)」

画質は「それなり」でも“味”があるカメラ

 約90g、手のひらサイズの小型軽量、キーホルダー感覚で持ち歩けるカラビナデザインで、アウトドアから日常の時間まで、さまざまなシチュエーションで気軽に持ち歩ける新コンセプトを特徴とする。

2mの耐衝撃性をクリアしており、子どもにも安心して与えられるカメラだ
2mの耐衝撃性をクリアしており、子どもにも安心して与えられるカメラだ

 「究極の引き算をした」とプロジェクトリーダーを担当したキヤノンMJ コンスーマビジネスユニット コンスーマ商品企画本部 カメラ商品企画部の浅場森氏は説明した。

約90g、手のひらサイズのカメラだ
約90g、手のひらサイズのカメラだ

 確かに、シャッターボタンはあるが、ファインダーも画像を確認できるディスプレイもない。有効画素数は約1300万画素。動画撮影可能時間は約60分(フルHD/60p撮影時)、静止画撮影可能枚数は約1000枚。一方で、水深2m(30分)の防水性能と防塵性能(IP68等級)を備えるカメラだ。撮影した画像は、スマートフォンアプリと連携して確認する。

iNSPiC RECの背面。シンプルなメニュー
iNSPiC RECの背面。シンプルなメニュー
シャッターボタン
シャッターボタン

 PowerShot/IXYシリーズのように、映像エンジンDIGICは搭載しない。画質について、「それなり、という印象の画質だと思う。2018年9月にミニフォトプリンター iNSPiCを出した。それはインクジェットと比較するとそんなによくない。でもそれを“味”として捉えてくれる若い人もいる。きれいに撮れることだけがすべてではないと思っている」(キヤノンマーケティングジャパン コンスーマビジネスユニットコンスーマ商品企画本部 本部長の沢田泰一氏)

アプリを介してスマートフォンやタブレットと連動して画像を確認する。予想していたよりもきれいだと感じた
アプリを介してスマートフォンやタブレットと連動して画像を確認する。予想していたよりもきれいだと感じた

 実は、米国では先行販売しており、国内でもクラウドファンディング「Makuake」で10月にテスト販売を開始した。予定していた1000台がその日に完売し、手応えを得たという。

水深2m(30分)の防水性能と防塵性能(IP68等級)を備える。アウトドア環境でも安心して使用できる
水深2m(30分)の防水性能と防塵性能(IP68等級)を備える。アウトドア環境でも安心して使用できる

 撮影したら画面を確認し、場合によってはまた撮り直す。そうした流れが当たり前のいまだからこそ、「画面なしの不便さをあえて楽しんでほしい。とりあえず撮っておきたいというとき、画面は本当に必要なのか。後で見ることで、フィルムカメラのような楽しさを思い出してもらえ、若い世代には新鮮に思ってもらえるのでは」(浅場氏)と語った。

ジャケットは別売で3枚セット(1980円)がラインアップ。マグネット形式で簡単に変えられる
ジャケットは別売で3枚セット(1980円)がラインアップ。マグネット形式で簡単に変えられる

 なお、「iNSPiC」は、[instant] [picture] [inspiration]を組み合わせた造語。感性をその場で写真にすることをコンセプトにしたブランドだ。手軽にプリントを楽しめるミニフォトプリンター「iNSPiC ZV-123」などがラインアップする。

iNSPiCシリーズ
iNSPiCシリーズ
20代の女性スタッフを取り入れたマーケティングの取り組み
20代の女性スタッフを取り入れたマーケティングの取り組み

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]