logo

Twitterが「プライバシーセンター」を開設--ユーザーデータ保護について情報発信

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2019年12月03日 11時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間12月2日、「Twitter Privacy Center」サイトを開設した。同社はこの件に関するブログ記事で、ユーザープライバシーの保護に関して「改善の余地」があることを認め、Privacy Centerでは、同社がユーザーから提供された情報をどのように保護しているのかをより明確に伝える計画だと説明した。また、利用規約プライバシーポリシーを改訂し、2020年1月1日から適用することをすでに明らかにしている。

Twitterのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Privacy Centerは、プライバシー関連の取り組み、告知、新しいプライバシー関連製品、セキュリティの問題に関する通知など、さまざまな情報を提供する拠点として機能することを目的としている。

 Twitterは2018年4月にも、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に準拠するためにプライバシーポリシーを改訂した。なお、同社のプライバシー慣行には厳しい目が向けられてきた経緯がある。この10月には、セキュリティ目的で使われるユーザーのメールアドレスと電話番号が、「意図せず広告目的に使用された可能性がある」ことが発覚した。その2カ月前にも、ユーザーデータがサードパーティーに共有されていた恐れがあることを同社は明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]