logo

音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」に音声データのテキスト化機能

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BONXは12月2日、法人向け音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」のプロフェッショナルプランに、音声データをテキスト化する「Speech To Text」機能を搭載し、ベータ版として公開したと発表した。

「Speech To Text」機能
「Speech To Text」機能

 本機能の利用は、BONX for BUSINESSのプロフェッショナルプラン(月額1750円/ユーザー)の契約と、純正ヘッドセット「BONX Grip」の購入(1台あたり1万4630円)をした企業が対象となり、本機能のお試しを希望する企業を募集している。

 BONX for BUSINESSは、スマートフォンからインターネット回線のVoIP(Voice over Internet Protocol)を通して、最大30人までの音声グループコミュニケーションを可能とするサービス。スマートフォンに手持ちのイヤホン、またはBONX Gripをつないで使用する。

 今回のSpeech To Text機能搭載により、BONX for BUSINESSアプリを通した会話を自動的に文字に変換して管理画面に表示し、閲覧することが可能となった。BONX for BUSINESS上で日報の入力を声で行ったり、録音データの文字起こしを不要にしたり、会話のログテキストを途中から会話に参加した人が確認するなど、業務の効率化が期待できる。

 特許を取得した特殊な発話検知の仕組みにより、会話以外の雑音を明確に分けることが可能。会話以外の雑音を除いたクリアな会話の音声データによって、音声認識エンジンで文字に変換する前の音声データのクオリティを上げることで、文字変換の精度を高めた。

 今回公開するベータ版は、管理画面に表示されたテキストを、議事データとしてダウンロードすることができ、今後の正式リリース版においては、対象のルームの会話データをテキスト化し、CSV出力が可能なる。また、テキストデータを編集する機能を設け、スマホアプリの画面上に直接表示することも可能。さらに、スマホアプリの画面に文字で打ち込んだ情報を音声に変換して、ルーム内に流す機能も搭載予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]