logo

LEXUS初のEVはハッチバック--満充電で400km走行できる「UX300e」を2020年に発売

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は、同社の高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」シリーズで初の電気自動車(EV)「UX300e」を発表した。2020年以降に中国や欧州などで順次発売する。日本発売は2021年前半の予定。

LEXUSのEV「UX300e」(出典:トヨタ)
LEXUSのEV「UX300e」(出典:トヨタ)

 UX300eはコンパクトなクロスオーバー車で、トヨタが掲げているビジョン「Lexus Electrified」の第一弾モデル。バッテリ容量は54.3kWhあり、フル充電で400kmの走行が可能という。また、低温や高温の環境でもバッテリが正常に作動するよう、温度調整機能を搭載した。

LEXUSの第一弾EV(出典:トヨタ)
LEXUSの第一弾EV(出典:トヨタ)
コンパクトなクロスオーバー(出典:トヨタ)
コンパクトなクロスオーバー(出典:トヨタ)

 前輪を駆動するモーターは、最高出力が150kW(204ps)、最大トルクが300Nm(30.6Kgf・m)。モーターやバッテリを車体下部に配置することで重心を下げ、優れた運動性能を実現させたとしている。

低重心を実現(出典:トヨタ)
低重心を実現(出典:トヨタ)

 専用のスマートフォン用アプリを使うと、バッテリ残量や走行可能距離、充電の必要性、充電完了までの時間などが確認できる。アプリは、出発時刻までに充電完了するようタイマーを設定したり、エアコンやデフロスターを車外から動かしたりする機能も備える。

キャプション
スマホと連携(出典:トヨタ)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]