logo

エアーモビリティ社会の実現を目指すA.L.I.、約23億円を調達--京セラやJR西日本から

西中悠基 (編集部)2019年11月28日 11時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.L.I.テクノロジーズは11月28日、京セラや三菱電機、JR西日本イノベーションズなどから、23.1億円の資金を調達したと発表した。

引受先となった15社
引受先となった15社

 A.L.I.は、次世代のインフラ企業となることを目指し、エアーモビリティ事業、ドローン・AI事業、演算力シェアリング事業の3部門をコア事業と位置付けている。

 エアーモビリティ事業では、ホバーバイク「XTURISMO LIMITED EDITION」の開発を進め、実機を「第46回東京モーターショー」で展示。ドローン・AI事業では空のトラフィック管理プラットフォーム「C.O.S.M.O.S」を開発したほか、演算力シェアリング事業ではクラウドレンダリングサービス「Bullet Render Farm」などを提供している。

 今回調達した資金は、ホバーバイクの開発・販売促進や、新たな産業用ドローン開発など、コア事業推進に充てる予定。各事業に適時投資することで、それぞれの垂直立ち上げ実現を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]