logo

グーグル、家の“どこでも”つながる新型Wi-Fiルーター「Nest Wifi」を11月29日に発売

藤井涼 (編集部)2019年11月28日 09時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは11月28日、自宅のどこにいてもネットワークにつながるメッシュWi-Fiルーターの新モデル「Google Nest Wifi」を、11月29日に日本で発売することを発表した。価格は、ルーター本体が1万9800円、拡張ポイントが1万8150円。2つセットは3万1900円で販売する。Googleストアや家電量販店などで取り扱う。

「Google Nest Wifi」
「Google Nest Wifi」。左がルーター、右が拡張ポイント
キャプション

 同社は2018年4月にホームWi-Fiルータ「Google Wifi」を発売している。自宅の大きさに合わせて、複数台のデバイスを設置することで、メッシュネットワークを構築。Google Wifi同士が相互に通信して、1つのWi-Fiネットワークを作成することで、自宅のどこにいても快適なネットワークを利用できるものだ。

 新たに発売するNest Wifiは、Google Wifiと比較して、最大2倍の速度と、最大25%広い通信範囲を実現する。すでに前世代となるGoogle Wifiを持っているユーザーは、Nest Wifiを既存のネットワークに加えることもできる。理論的には1台のルーターにつき32台まで拡張ポイントを加えられるとのこと。

キャプション
キャプション

 Google Homeアプリをダウンロードして開くだけで、数分でセットアップが完了し、設定終了後は、同アプリからネットワークやサポートされている他の接続デバイスも管理できるようになるという。さらに、Google Nest Hub Maxなどスマートディスプレイを使っていれば、画面上にゲスト用のネットワークとパスワードを表示することもできる。

Google Homeアプリで設定可能
アプリ1つで設定可能
スマートディスプレイにゲスト用のパスワードを表示することもできる
スマートディスプレイにゲスト用のパスワードを表示することもできる

 Nest Wifiの拡張ポイントは、Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーとしても使えるという。音声による調べ物や音楽再生のほか、ネットワークの速度を質問したり、特定のデバイスのWi-Fiを音声でオンオフ設定することも可能になる。

 通信範囲として、ルーター1台あたり最大約120平方メートル、拡張ポイント1台あたり約90平方メートルをカバーする。ルーターと拡張ポイントはそれぞれ100のデバイスと接続できるほか、複数の4K動画のストリーミングが同時利用できるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]