logo

福岡PayPayドーム、改名日は2020年2月29日に--ロゴも公開

佐藤和也 (編集部)2019年11月26日 14時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPayと福岡ソフトバンクホークスは、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ドームの名称を、2020年2月29日から「福岡PayPayドーム」(略称:PayPayドーム)に変更すると、11月24日付で発表した。

 PayPayは11月1日付けで福岡ドームのネーミング・ライツの取得ならびに、福岡PayPayドームに変更することを発表しており、今回はロゴや改名日などの詳細を発表した。

福岡PayPayドーム ロゴ(1行組)
福岡PayPayドーム ロゴ(1行組)
福岡PayPayドーム ロゴ(2行組)
福岡PayPayドーム ロゴ(2行組)
福岡PayPayドーム(外観イメージ)
福岡PayPayドーム(外観イメージ)

 両社は、2019年3月から飲食やグッズ販売、スタンド内飲料販売(売り子販売)、ワゴン、スーパーボックス、チケット売り場にスマホ決済サービスの「PayPay」を導入。2020年春に開業するドーム隣接の複合エンターテインメント施設「E・ZO FUKUOKA/イーゾ フクオカ」を含め、今後もPayPayを牽引役として、ドームおよび周辺地域のキャッシュレス化を推進していくという。

 また、今宮健太選手と髙橋純平投手を2020年度のPayPayアンバサダーに任命。福岡PayPayドーム内外で、PayPayのPRを担うとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]