logo

ブイキューブ、ノイズ軽減の「Krisp」を国内提供--ウェブ会議の音声品質改善に

佐藤和也 (編集部)2019年11月20日 12時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブイキューブは11月19日、Krisp Technologiesが提供しているノイズキャンセリングアプリケーション「Krisp」(クリスプ)について、日本国内における独占販売契約を締結。同日より提供を開始すると発表した。ウェブ会議で課題になる音声の品質を改善し、快適なコミュニケーションを実現させるサービスとしている。

 Krispは、環境音やノイズを軽減するアプリ。ヘッドセットやマイクスピーカーなどのハードウェアに採用されている、騒音を打ち消す技術を用いたノイズキャンセリング機能と異なり、マイクスピーカーなどのハードウェアから入力された音を人の声と騒音に分解し、人の声のみを送受信できるようにする独自技術を用いたもの。

 krispNet DNNと呼ばれる積層ニューラルネットワークモデルを開発し、3万人2500時間の音声データ、2万種類の騒音データを学習させたサービスで、ノイズキャンセリング機能を持たないヘッドセットやマイクスピーカーを用いても、快適にコミュニケーションを実現できる点が特徴としている。Salesforceやintelへの導入実績があり、米国をはじめとした世界150カ国以上、3万人を超えるユーザーが利用しているという。

 V-CUBEやSkype、Google Hangout、Zoomなどのウェブ会議サービスや音声通話サービスなど、600を超える映像音声コミュニケーション関連のアプリケーションと連携している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]