logo

日本橋三越本店にビックカメラが出展--百貨店と家電販売店の垣根超え目指す

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビックカメラと三越伊勢丹は11月13日、2020年早春に日本橋三越本店 新館6階に「ビックカメラ日本橋三越本店(仮称)」を出店することで合意したと発表した。

キャプション

 両社によると、「世界最高のおもてなし百貨店」を目指し、再開発(リモデル)を進める日本橋三越本店と、「より豊かな生活を提案する、進化し続けるこだわりの専門店の集合体」として大型・駅前・都市型の事業展開を行うビックカメラが手を組み、新館6階に約1200平方メートルの家電を中心とした「家電の新スタイルショップ」をオープンするという。

 なお、従来のビックカメラ店舗より小規模ながらも、ハイエンドゾーンの商品など、これまでの家電販売店では取り扱うことができなかったブランドやアイテムも取り扱う。

 また、日本橋三越本店の利用者が満足できるよう「お客さまに寄り添い、ご要望のものをお探しするための場」を設置。店頭で取り扱いのない商品の案内も行うという。

 加えて、日本橋三越本店のコンシェルジュやスタイリスト(販売員)と連携し、他社や他店ではできない、百貨店と家電販売店の垣根を超えた提案やサービスを実施する。

 オープン後は、随時体験会やイベントを開催し、既存顧客だけでなく両店に来店機会の少なかった人にも利用してもらえるきっかけとなる店舗を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]