logo

アリババ、「独身の日」セールで4.2兆円達成--また記録更新

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 高橋朋子 (ガリレオ)2019年11月12日 12時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の小売大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)が「独身の日」の流通総額10億ドル(約1100億円)をわずか1分8秒で突破した。同社は現地時間11月11日、中国で毎年この日に24時間にわたって開催している「11.11 Global Shopping Festival」の流通総額が2684億元(約4兆2000億円)に達したと発表した。これは、感謝祭、ブラックフライデー、サイバーマンデーを合わせた2019年の予想売上高を上回る額だ。

独身の日
11.11 Global Shopping Festivalは独身の日として知られる
提供:Alibaba

 毎年11月11日は、日付が1並びになることから「独身の日」という中国の非公式な祝日となっている。中国のオンライン小売大手アリババやJD.com(京東商城)などのセール効果もあって、近年その商戦は過熱しており、アリババは今回Taylor Swiftの大規模コンサートでセールの幕を開けた。

 そして独身の日はまたしても記録を更新した。アリババによると、今回は2018年の流通総額2135億元(約3兆3000憶円)を17時間足らずで超えたという。米国のブラックフライデーやサイバーマンデーとよく比較されるが、実際のところ、独身の日はそれらの売り上げをはるかにしのぐ。分析ソリューション「Adobe Analytics」のデータによると、2019年の米国ホリデー商戦の売り上げは290億ドル(約3兆2000万円)と予想されている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]