logo

ドキュサインとメタップスペイメント、不動産賃貸の電子契約から支払いをシームレス化

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドキュサイン・ジャパン(ドキュサイン)は11月11日、メタップスペイメントとともに、電子署名と決済サービスHUBeesの連携ソリューションの提供を開始すると発表した。

 本サービスは、賃貸借契約の更新手続きをデジタル化し、請求から支払いまでを一連のプロセスで完結することを可能としたもの。不動産賃貸市場向けに、電子契約から支払いまでをシームレス化したサービスとして提供する。

連携ソリューションの概要
連携ソリューションの概要

 不動産管理会社は、賃借人との不動産更新契約を、ドキュサインの電子署名で締結。署名が完了すると、賃借人に対し自動で決済リンク付きの請求メールを送付する。賃借人は請求メールに対し、PCやスマートフォンから支払い手続きができ、契約締結完了までの時間削減が可能となる。

 本サービスの第1号ユーザーとして、熊本県のコスギ不動産が、今夏から先行利用を開始。同社の物件を借りる多くの顧客が、賃貸契約の更新から更新事務手数料の支払いまでの手続きを、デジタルで行っているという。

 ドキュサインの電子署名「DocuSign eSignature」はスイート製品「DocuSign Agreement Cloud」に含まれる製品。ドキュサインの電子署名とHUBeesは専用のコネクターで連携される。

 メタップスペイメントはメタップスの子会社で、カード決済やコンビニ決済、店舗向け端末決済などの決済手段を提供している決済代行会社になる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]