logo

[ブックレビュー]プレゼンの印象をガラリと変える--「必ず通る資料作成」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロスメディア・パブリッシング
詳細:単行本(ソフトカバー) / 160ページ / クロスメディア・パブリッシング(インプレス) / 価格:¥ 1,628 / 著者:大野 泰敬 / 発売日:2019/11/05 / 外形寸法 (H×W×D):21.0cm × 15.0cm × 1.9cm / 重量:0.3 kg
内容:資料を作る目的とは、なんだろうか。自分1人が分かればいいというような資料も多くあるかもしれないが、ここで言う「資料」とは、新しい企画をお客様や自社の経営層にプレゼンするためのものであり、それならば、相手に伝わるように作らなければ徒労に終わる。本書では、資料に必要な内容そのものに重点が置かれており、そもそも「企画とはどういうものなのか」から学ぶことができる。
「予算獲得率100%の企画のプロが教える必ず通る資料作成」
「予算獲得率100%の企画のプロが教える必ず通る資料作成」

 資料を作る目的とは、なんだろうか。自分1人が分かればいいというような資料も多くあるかもしれないが、ここで言う「資料」とは、新しい企画をお客様や自社の経営層にプレゼンするためのものであり、それならば、相手に伝わるように作らなければ徒労に終わる。本書では、資料に必要な内容そのものに重点が置かれており、そもそも「企画とはどういうものなのか」から学ぶことができる。

 プレゼンがなぜ伝わらないのか、何が足りないのかということをきちんと省みずに、「分かってくれない」とふてくされていては仕方がない。本書を読めば、その原因はあっという間に判明するだろう。しかも、必要な情報をどこから集めればいいのか、集めた情報をどのように分析して加工すればいいのかも分かるので、仕切り直してプレゼンすれば、同じ企画でも通る可能性がある。

 本書は、ほぼ見開き単位で要点が分かるように構成されているが、右ページに配置されているスライドや、スライド形式の図が、そのままお手本となっているのが秀逸だ。つまり、右ページだけを見ていっても、ほとんどの内容が伝わるのだ。詳細を知りたい場合は左ページを参照すれば良い。このスライドを真似するだけでも、次回のプレゼンの印象がガラリと変わるはずだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]