logo

みんなのタクシー、協業加速--センサーLiDAR搭載の安全運転支援車も

加納恵 (編集部)2019年11月05日 17時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タクシー事業者などに向けた配車ソフトウェア、システムなどを展開する、みんなのタクシーが協業を加速する。11月5日、KDDI、NTTドコモを含む4社と資本業務提携を発表したほか、JR東日本との事業提携やソニーとの連携強化策を明らかにした。

 みんなのタクシーは、都内タクシー会社であるグリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブの5社と、ソニー、ソニーペイメントサービスの合弁会社。2018年5月に設立し、タクシー配車アプリ「S.RIDE」を展開している。

みんなのタクシーは、都内タクシー会社であるグリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブの5社と、ソニー、ソニーペイメントサービスの合弁会社
みんなのタクシーは、都内タクシー会社であるグリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブの5社と、ソニー、ソニーペイメントサービスの合弁会社

 みんなのタクシー 代表取締役社長の西浦賢治氏は「設立から半年が経過したが、S.RIDEの利用平均単価は2755円。競合他社の利用単価は知らないが、この金額は相当高いと感じている。1日あたりのアプリ配車と実車件数も公開時に比べ9月は約18倍、10月は22倍にまで伸びてきている」と現状を説明した。

 S.RIDE以外にも、10月18日には位置特定サービスを提供するwhat3wordsと提携し、住所を入力する代わりに、3つの単語を入力するだけで目的地の設定を実現。10月25日には、乗車前に乗車予定地と目的地を入力すると、地図上の走行距離を踏まえて自動計算で運賃が表示され、確定する事前確定運賃サービスを開始。すでに国際自動車と大和自動車交通が保有するタクシー車両2052台に導入している。

 ソニーとの連携強化では、大和自動車交通が保有するタクシーに搭載されているドライバー用タブレットに、ソニーのAI技術で開発した需要予測アプリを搭載し、商用サービスを開始したことを発表。需要予測のほか、乗車点予測、長時間乗車率、空車動態表示、おすすめルート表示、特需発生表示などの機能を備え、タクシー会社の稼働率と売り上げ向上に貢献するとしている。グリーンキャブ、寿交通、チェッカーキャブについても順次対応する予定だ。

 安全運転支援への取り組み強化策として、8つのセンサーとLiDARを搭載した試験車両を用意。実際に走行し、センシングデータの収集やアクセル、ブレーキ、ハンドル操作などの運転操作記録を収集、解析し、危険予測データベースの構築を推進すると発表した。

 データの取得により、安全・安心スコアを算出、熟練ドライバーとの差分評価などを実施。危険検知をもとにドライバーへの警告や注意を喚起する安全運転支援ツールを構築し、実際のタクシーに搭載して検証を開始するという。

 ソニー 執行役員AIロボティクスビジネス担当の川西泉氏は「都内におけるタクシーの平均距離は240kmと言われている。都内タクシー会社5社の車両における1年間の総走行距離は約6億km。タクシー車両は都内の複雑な交通状況の中、24時間高密度で走行している。タクシードライバーが都内で運転して得られる走行データは安全運転の支援において有効かつ価値のあるもの。センサーデバイスなどを適宜追加して、データ取得やセンサーの配置最適化など、安全運転支援の評価、検証を進める」とした。

安全運転支援のために用意した試験車両
安全運転支援のために用意した試験車両
試験車両の概要
試験車両の概要
8つのセンサーとLiDARを搭載した
8つのセンサーとLiDARを搭載した

 一方、東日本旅客鉄道(JR東日本)とは、MaaS領域での事業提携を開始する。JR東日本が展開する、交通系スマートフォンアプリ「Ringo Pass」とみんなのタクシーの配車アプリのS.RIDEを連携し、両社のネットワークとアセットを活用することで、それぞれの事業拡大を目指す。2019年度中に、国際自動車、大和自動車交通、チェッカーキャブが有する約9000台のタクシー車両に設置されている後部座席のタブレットを、Ringo Passのサービス対応にするとした。

 KDDI、NTTドコモ、ゼンリンデータコム、帝都自動車交通の4社とは資本業務提携を開始。金額については明らかにしなかったが、KDDIとは、MaaSの普及に向けたプラットフォームの共同構築やタクシーの新たなサービスの共同開発と商用化、ビッグデータを活用した新たなビジネスの共同検討等を推進していく。一方、ドコモとは、ドコモのdアカウントやdポイントクラブ会員基盤とS.RIDEの連携により、移動の支援やタクシー車内におけるd払いでのQRコード決済などの協業を進める考えを示した。

 みんなのタクシーは、現在、東京都内23区と武蔵野市、三鷹市で展開しているが、2019年度内に多摩、横浜を始めとした関東地域のタクシー事業者と連携してS.RIDE配車サービスを導入する予定。西浦氏は「現在の実績が、競合サービスとの差別化ポイント。実績を積み、地方に展開していきたい」と今後について話した。

今度、導入する機能、サービス。汎用QR決済を積極的に採用していくという
今度、導入する機能、サービス。汎用QR決済を積極的に採用していくという
左から、チェッカーキャブ 取締役副社長の根本克己氏、グリーンキャブ 代表取締役社長の高野公秀氏、大和自動車交通 代表取締役社長の前島忻治氏、みんなのタクシー 代表取締役社長の西浦賢治氏、ソニー 執行役員AIロボティクスビジネス担当の川西泉氏、国際自動車 代表取締役社長の西川洋志氏、寿交通 代表取締役社長の千田裕氏、ソニーペイメントサービス 代表取締役社長の中村英彦氏
左から、チェッカーキャブ 取締役副社長の根本克己氏、グリーンキャブ 代表取締役社長の高野公秀氏、大和自動車交通 代表取締役社長の前島忻治氏、みんなのタクシー 代表取締役社長の西浦賢治氏、ソニー 執行役員AIロボティクスビジネス担当の川西泉氏、国際自動車 代表取締役社長の西川洋志氏、寿交通 代表取締役社長の千田裕氏、ソニーペイメントサービス 代表取締役社長の中村英彦氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]