logo

米政府、TikTokの調査を開始--安全保障上のリスクを懸念

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年11月05日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米政府は、人気のソーシャルメディアアプリ「TikTok」について、安全保障上のリスクがないか調査に乗り出した。米国時間11月1日に新たな報道で明らかになった。中国企業の字節跳動(バイトダンス)が所有するTikTokは、ショートムービーで米国をはじめ世界各国のティーンエージャーの間で大きな人気を博している。

TikTokのロゴ
提供:SOPA Images via Getty Images

 Reutersによると、対米外国投資委員会(CFIUS)は、TikTokのアプリ、および運営会社のバイトダンスが2年前に約10億ドル(約1090億円)で実施した米国企業Musical.lyの買収について調査を始めたという。記事では、匿名の情報筋3人の話として、「Musical.ly買収時にTikTokがCFIUSの承認を求めなかった」ため、CFIUSが「今になって調査の対象」にしたと伝えている。

 TikTokはこの数週間、データの保存方法やコンテンツの検閲の有無に関する懸念をめぐって、米連邦議会議員から批判を受けてきた。TikTokは10月25日、「一部の特定の問題について誤解を解く」ためとして、自己弁護する声明を発表した

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]