logo

ライナフとアットホームがサービス連携--不動産の働き方改革を推進へ

加納恵 (編集部)2019年10月31日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライナフは10月31日、AIによる音声認識で物件確認を自動応答するサービス「スマート物確」を、アットホームが提供する「賃貸管理システム」とデータ連携したと発表した。入力作業の手間を省き、業務を効率化する。

データ連携のイメージ
データ連携のイメージ

 スマート物確は、賃貸物件の空室情報をAIが自動応答する物件確認サービス。これにより、不動産管理会社は電話で受け答えしていた物件確認業務を自動化でき、電話対応にかかる業務負担を減らせるほか、営業時間外でも応答が可能になる。

 連携する賃貸管理システムは、賃貸物件の契約や更新、解約、家賃管理などの煩雑な管理業務を一元管理できるクラウドサービス。今回の連携により、5万6000店以上と言われるアットホーム加盟店の働き方改革を推進。業務の効率化とともに、リアルタイムに物件情報を連携できる強みをいかし、営業機会の拡大と物件の成約機会の増大を狙う。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]