logo

ビクター、木の振動板を採用した「WOODシリーズ」に最新モデル--「犬のマーク」を刻印

加納恵 (編集部)2019年10月30日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは10月30日、ビクターブランドから木の振動板を採用した「WOODシリーズ」の最新モデルとして「HA‐FW1500」を発表した。オーナメントにはビクターブランドの象徴である「犬のマーク」を刻印する。発売は11月上旬で、想定税別価格は6万円前後になる。

「HA‐FW1500」
「HA‐FW1500」

 フラッグシップ機「HA-FW10000」同様のウッドドームカーボン振動板などの高音質技術を踏襲し、美しい音色と緻密な表現を実現。カバ材を独自の薄膜加工技術により薄く削り出した50umウッドドームをカーボンコーティングしたPET振動板に組み合わせており、振動板外周部には適度なしなやかさ、振動板中央のドーム部分にはより高い強度をもたせているという。

 ユニット前面に不要な音を拡散するドットを配置した、独自の「アコースティックピュリファイアー」により、透明感のある音色を再生振動板の正確な動きを実現する、独自設計の「アキュレートモーションエアダンパー」が、振動板の正確な動きをサポートする。

 ケーブルはMMCX端子を採用した着脱式で、溝入りグルーヴケーブルにより絡みにくさと強度の向上。「スパイラルドット+(プラス)イヤーピース」は、内側に設けたディンプルにより、音質劣化の原因となるイヤーピース内の反射音を拡散させることで、音のにごりを抑制し、クリアなサウンドを再生できるとしている。11mmのウッドドームドライバーユニットを搭載。再生周波数帯域は6Hz~ 5万2000Hzになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]