logo

オラソニック、卵型スピーカーにハイレゾ対応モデル--スマホオーディオ快適に

加納恵 (編集部)2019年10月25日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターアクションは10月25日、オラソニックブランドから卵型スピーカーにハイレゾ対応のBluetoothモデル「IA-E55BT」を発表した。LDACとaptX HDに対応する。発売は11月下旬。推定税別価格は2万9000円前後になる。

「IA-E55BT」。ボディカラーはマットブラックとスノーホワイトの2色
「IA-E55BT」。ボディカラーはマットブラックとスノーホワイトの2色

 卵型スピーカーはオラソニックの代名詞的存在。高さ162mm×幅113mm×奥行き117mmで、重量約1100gのコンパクトボディながら、独自の「SuperChargedDriveSystem」(SCDS)回路の搭載により、小音量時は回路内のコンデンサに電気を貯め、大音量時に革えたパワーを蓄えたパワーを利用することで大出力を実現する。

 自社開発のBlunetoothモジュールを搭載し、オーディオコーデックはSBC、AAC、aptXに加え、LDAC、aptX HDまでをサポート。左右独立した本体のため、自由にレイアウトできるほか、広がり感ある音質を再現できる。

 60mmコーン型フルレンジユニットと55mmのフェライトマグネット、25mmのソフトドームトゥイーター、24mmの超強力マグネットを内蔵。スーパートゥイーターを備え、45kHz以上の高域再生にも対応する。

 BluetoothはNFCでペアリングができ、接続はUSBケーブル1本のみ。PCや一部モバイルバッテリーからの給電も可能だ。ボディカラーはマットブラックとスノーホワイトの2色を用意する。

60mmコーン型フルレンジユニットと55mmのフェライトマグネット、25mmのソフトドームトゥイーター、24mmの超強力マグネットを内蔵
60mmコーン型フルレンジユニットと55mmのフェライトマグネット、25mmのソフトドームトゥイーター、24mmの超強力マグネットを内蔵

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]