logo

オラソニック、「for Vocal」「for Piano」チューニングのワイヤレススピーカー--マクアケでクラファン

加納恵 (編集部)2019年10月04日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターアクションは10月4日、スピーカーブランド「Olasonic(オラソニック)」からBluetoothスピーカー「IA-BT7」をベースにした「for Vocal」「for Piano」モデルを展開すると発表した。マクアケで同社初となるクラウドファンディングを実施する。

「for Vocal」「for Piano」モデル
「for Vocal」「for Piano」モデル

 IA-BT7は、2018年に発売したBluetoothスピーカー。木製キャビネットにトゥイータ2つ、サブウーファー、パッシブラジエーターなどを内蔵し、豊かな低音とクリアな中高域を再生する。

 サウンドチューニングはレコーディングエンジニアのミキサーズラボが手掛けており、今回はそのチューニングをベースにオラソニックがカスタマイズ。ボーカル、ピアノの楽曲を再生し、グラフィックイコライザーを使用し、サウンドイメージをDSPへ書き込んだという。for Vocalはまろやかで、中域の音の広がりを重視。for Pianoは倍音成分をしっかりと表現することで、低域から高域にかけて豊かな音に仕上がっている。

 クアルコム製の「CSR8675」を採用し、オーディオコーデックはSBC、AAC、aptXに加え、aptX HD、LDACに対応。スピーカー同士の相互干渉を防ぐバイアンプ構成を採用する。

「for Vocal」にはマイクのグラフィック入り
「for Vocal」にはマイクのグラフィック入り
「for Piano」には鍵盤を模したデザインロゴが入っている
「for Piano」には鍵盤を模したデザインロゴが入っている

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]